花粉症改善が接骨院でできる?白岡市のつつじヶ丘接骨院


昨年、東京都がまとめた花粉症患者の調査で、都民の48・8%がスギ花粉症と推定されると報告されました。

この数字は10年前よりもさらに増えており、このままいくと、30年後には3人に2人以上がスギ花粉症を患うことになる可能性があると指摘されています。

■分かっていても止められない、恐怖の花粉注射

国全体の生産性を下げ、もはや個人の問題だけではすまなくなっている花粉症。

白岡、蓮田でも、これからの時期は花粉症に悩まされる患者さんが多く来院されます。

くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみが主な症状。 その他、花粉が原因で、咳、頭痛、発熱、不眠、倦怠感、皮膚のかゆみなど、風邪の症状を上回るほど辛いという方もいらっしゃいます。

花粉症対策として、注射を打ったことがある。もしくは聞いたことがある。という方も多いのではないでしょうか?

1シーズンにたった1回注射するだけで、花粉症がおどろくほど楽になる魔法のような注射です。

実際に重度の花粉症の患者さんが、この注射を打った10分後には、鼻水が止まり、目のかゆみも無くなったという例を、直接聞いたこともあります。

そもそも、身体に悪いものが入ってきたぞ!!と抵抗するために、目のかゆみなどで反応を起こしているのが花粉症なのですが、それをものの10分で反応しない身体にする薬が、身体にいいわけがありませんよね。

一番有名な薬は「ケナコルト」で、体内に長期間とどまるタイプのステロイド薬です。

たった一度の注射で、1シーズン大丈夫だったという経験をすると、これを受けた人は毎年のように、花粉注射で乗り越えようとし始めます。

しかし、治療家として私はこの花粉注射。絶対におすすめしません。

毎年花粉注射を打っている方も、薄々は分かっていると思います。 それが体には絶対によくない劇薬という事を・・・。

それでは、当院ではどんな対策をおススメし治療を行っているかをご案内します。

■あなたが本来もつ自然治癒力を最大限に引き出す

花粉症には抵抗力・免疫力の高い身体を作ることが大切です。

これは、食事や睡眠などの生活習慣によって改善できることもあり、花粉症シーズンは、どんな治療を受けるよりも、まずは規則正しい生活を送る事が大切です。

これからのシーズン、花粉症にいい食事などが様々なテレビで紹介されますが、これが絶対にいい!!というものはありません。 ご自身の体質に合った物を試し、何を摂るかを判断することも大切です。

では、治療院としてできることは何なのか??

もちろん私は、生活習慣のアドバイスだけを行うわけではありません。

治療家として花粉症を改善する施術を行っております。

■当院の花粉症治療は?

つつじヶ丘接骨院の花粉症治療は、まず姿勢から調整します。 これは、花粉症対策に限らず、腰痛、肩こり、自律神経などどんな症状にも有効なのですが、内臓の機能を向上させることが重要になります。

筋肉を緩めていくことで、リッラックスでき、自律神経を整えることもできます。 生活習慣を客観的に見直し、施術によりあなたが本来もつ治癒力を引き出す治療法。

症状が始まる前に準備して、今年の花粉シーズンに備えましょう。

タグ:

関連記事

すべて表示

交通事故でむちうち!!痛みがすぐに出ない理由。

当院の患者さんの実際にあった交通事故の話です。 車で信号待ちをしている際、後ろから追突されたとのことで来院されました。 しかも、非常に首が痛そうなので、数日前に事故をされたのかと思ったら、なんと1か月前!! 何でもっと早く来なかったのですか?と聞きましたが、患者さんが、すぐに治療に行かない理由もよく分かります。 今日は、交通事故によるむちうちが、なぜ後になって出てくるのかについてお話しします。 追

交通事故による「むちうち」で首を治療しても治らない理由

交通事故でよくある「むちうち」ですが、首が痛いからといって首だけを治療しても治りません! そもそも、「むちうち」とは何なのかですが、自動車事故の際、後ろからの追突により頸部が激しい衝撃を受けることにより、首の筋肉やじん帯が損傷してしまうことを「頚椎捻挫」と言います。 それにより、首の痛みや凝り、可動域が狭まりる事が主な症状です。 可動域が狭まる例の一つとして、寝違えた際もあります。振り向きたくても

ソフト整体ってどんな治療?

みなさんはソフト整体って聞いたことはありますか? バキバキボキボキやる整体もあれば、指圧で筋肉の奥深くまで力を加える整体もあります。 その中で、当院の治療は普通のマッサージとは異なるソフトな整体です。 グイグイもみほぐすハードなマッサージについて みなさんも思い出していただきたいのですが、ハードなもみほぐし整体を受けたあと、どうなりましたか? 施術の直後は? 半日後は? 1日後は? 一