根本治療を受けられた患者さんのご感想

当院では、治療前に根本治療とはどのようなものかを必ず説明させていただいております。

しかし、多くの方にとって、接骨院、整骨院などで行う治療のイメージは、

「手で身体を押す」ものです。 いくら説明を受けても、実際に治療を行うと、

「え!?これで治るんですか!?」と実際に言われることもあります。

そこで、今回、実際に根本治療を受けられた患者さんからの感想をいただきましたので、これから当院で治療を受けられる方は、参考にしていただければと思います。

■首の痛みで来院されたN様

今回、歩いていてつまづきかけた拍子に首を痛めてしまい来院しました。

痛みが出てから2週間。

わざわざ治療をしなくても徐々に治るだろうと思っていたのに、全く変化なしな状態。

治療院が新しくなってから初めての来院でしたが、治療前に根本治療を開始したという説明を松尾先生からしていただきましたが、言っても指圧の優しいものかな。くらいに思っていました。

始めに、首、腕の可動域の確認。

寝違えているような痛みがあったので、左は大丈夫でも右は非常に動かしにくく、自分でも明らかに可動域の狭さを感じました。

腕の動きを確認した際も、なんというか、動きがガタガタとしてスムーズでなく固まってしまっている感じでした。

そして始まった治療ですが、首が悪いのに、首に触れることは一切なく、腕に優しく圧力をかけながらねじるような治療。

腕に刺激を与えながら首の可動域を確認するのですが、一度目の刺激ではあまり実感がありませんでした。

何しろ可動域が変わらないので、治療内容を知らない自分でもそれが身体に効いているかどうかは明らか。

先生との付き合いも長いので、遠慮なく言わせていただきました。

「全く変わった気がしないんですけど・・・」と。

すると、もう一度腕に圧を変える場所を微妙に変えてねじってもらうと。

「え!?視界がどんどん鮮やかになってきた!!」

「しかも、首の可動域が明らかに増えてる!!!」

「え~~~~!!!何で??何でですか!!???」

と何度も言ってしまいました。

本音を言わせてもらうと、これまで松尾先生にしていただいていた、指圧による刺激は気持ちがいいし、ときに眠ってしまう程だったので、それを期待してきただけに少しだけ、あ~~、あの指圧はないんだ。と思いました。

しかし、何よりも今回の来院の目的は癒しではなく治療。

そう考えると、目的は完全に達成されました。

あの視界が広くなる感じ、彩りが豊かになる感じ、そして首がスーッと動くようになる感じ。

今まで受けてきた治療とは全く異なるものだったので、本当に驚きでした。

首が痛いのに、足をちょんと触って体を調整する施術などの意味は全く理解できないのですが、次回も先生に任せて完治させようと思います。

根本治療を伝えるために、感想を送ってくださいと言われましたが、これではあまり伝わらないですよね?すみません(笑)

ただ、新しい治療方法を先生がかなりの時間をかけて習得されたんだろうな。というのを感じました。

もう何度か治療が必要との事ですので、また通わせていただきます。

タグ: